忍者ブログ
海外通販サイト
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
あまり回らないアクセスカウンタ
Zorg Door
このブログに載せた写真は、ZorgにもUPしてます。



ジオターゲティング
AMAZON
日々の通勤や近所の散歩やその他日常をつづったブログです。
Prev Month123456789101112131415161718192021222324252627282930Next Month
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

category :
小田原~成田~ワシントンDC
仕事で1月半ほどアメリカに滞在することになり、訪問先のアメリカの方が4月に来日していたときに色々話したところ、ロード乗りであることが判明。最初はその人が自転車貸してくれると言ってくれていたのですが、せっかくの機会なので自分の自転車を持っていくことにしました。飛行機輪行は初めてではないのですが、海外まで持っていくのは今回が初めて。

 飛行機輪行でバイク破損という話は結構あるようなので、カーボンのロードバイクではなく、アルミのCX車のギアを50×34に変更して持っていくことにしました。前後ホイールをはずし、リアディレイラー、ハンドルを外してdhbのバックに収納。バイクがバックの中で動かないように開いたスペースに服などをつめていきます。

 dhbのバックは下部の片側にキャスターが着いているのですが、このキャスターのついている位置がいまいちで、キャスターのついていない側を50~60cm持ち上げないとキャスターがまともに機能せず、少ししか持ち上げないと車輪が回らずバックを引きずるだけ、という筋トレ仕様になっているのです。
推定25kg程度のバックの片側を持ち上げて転がしていったため、小田原駅で大雄山線から新幹線に乗り換えた時点で、すでにタブレットをいじる手がプルプルしてしまうほどでした。

 成田から乗る飛行機はユナイテッド航空。ユナイテッドは自転車の持ち込みは日本-アメリカで200ドルかかります。日本円だと20500円とのことでした。Special Surviceと書いてあるチェックインカウンターで荷物を渡します。バック大きさは計っていましたが、重量は計測していないようでした。(帰国後追記:帰りの飛行機では、何故かオーバーサイズの150ドルで済みました。しかし重さはきっちり図っていたので、バックが23kg越えだったらオーバーウェイトの料金も取られたかもしれません。その場合は自転車は200ドルだ!と言って交渉が必要だったかもしれませんでした。)

 ユナイテッドのサービスはいろいろ事前に聞いていたのですが、なんというか、安全面での配慮を除いて万事テキトーという印象を受けました。レッツロックンロール♪~とか鼻歌交じりの親父CAがいて面白くはあったのですが、機内食でパンやバターを普通に付け忘れてくれたり(言えば持って来てくれますが)、なんというか他の航空会社のサービスと比べると面食らうことが多いかと思いました。チケットが安いんだから、文句があれば他所行けばという割り切りがあるのでしょう。

rocky_range

 12時間の移動の末、ダレス空港に到着。そして1時間弱、入国審査の列に並び、何しにアメリカ来たんだ等の質問に答え、指紋と目の虹彩を撮られて入国できました。
最後は迎えに来てくれる方の車でダレス空港から宿まで30分弱の車旅。事前にバックがでかいと連絡してあったので、ホンダのパイロットで来ていただいて少々恐縮でした。空港からの道路は、片側5~6車線に緑地帯付きというとんでもない広さ。

 HOT LANEと呼ばれる渋滞を回避できる車線があり、ここを走るためには2人以上乗り合わせていないといけないというシステム。複数人乗っていれば渋滞を回避できるというのは、乗り合いを推奨する合理的なシステムと思いました。しかしながら、日本で実現しようと思っても、どこにそんな道路作る場所があるんだよ、となると思いました。

無事ホテルまで辿り着いたものの、時差ぼけの上に喉が痛くてダウンし、1週間近く体調不良に陥りました。

つづく
PR
category : 2014アメリカ滞在記録 comment [0]
← PREV - MAIN - NEW →
[1] [2]
ツイッター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
男性
最新コメント
(09/09)
(09/09)
(05/14)
(03/21)
(03/19)
TOP