忍者ブログ
海外通販サイト
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
あまり回らないアクセスカウンタ
Zorg Door
このブログに載せた写真は、ZorgにもUPしてます。



ジオターゲティング
AMAZON
日々の通勤や近所の散歩やその他日常をつづったブログです。
Prev Month123456789101112131415161718192021222324252627282930Next Month
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

category :
ワシントン自転車事情
ワシントンDCの近郊の車道は日本よりはるかに広く、スピード出している車が多いです。そのため自転車で走るのは正直怖いです。地元の人は結構、歩道を自転車で走っていました。また、車道沿いに自転車レーンもあることはありますが、断続的に現れたり消えたりします。そのため、地元の自転車乗りは一般的に、トレイルといわれる車道と分離された道を走るようです。

 トレイルと言っても、未舗装の山道ではなく、舗装されていて自転車や歩行者用の道路です。馬も走れるらしいのですが、滞在中に見ることはありませんでした。トレイルはイメージ的に、日本の河川沿いにあるサイクリングロードと同じです。夕方になると、ランニングや犬の散歩に来る人も多いです。

トレイルと一般の車道との交差点は、歩行者用の信号が設置されている場合もあれば、ない場合もあります。信号がない場合でも、”バイクレーンとの交差在り”という標識が車道側あり、かつ、おそらくバイク優先のため、たいていは車側が止まって待ってくれます。待ってくれた車のドライバーに手を振って渡りましょう。

 滞在しているホテルから2km程を通る、Old Dominion Trailは全長60km程の長さがあるトレイルです。元々は鉄道の線路があった場所で、道のところどころに昔の駅を示す看板や、車両が展示されていました。このトレイル沿いにはセブンイレブンやファーストフードレストラン、簡易トイレやベンチが沢山ありました。平日は通勤に使う人、土日は郊外へロングライドへ出かけると思われる集団が走っていて、かなりの交通量でした。夜に何度か走ったところ、蛍が大量に飛んでおり綺麗でしたが、顔や体に当たるので、スピード出すのはお勧めできません。

WOOD WOOD

 ワシントンも、ダレス空港より遠いところまで行ってしまえば、幹線道路以外は交通量も減るので、トレイルではなく普通の車道を走れるようになるそう。

地下鉄やバスにも自転車をそのまま持ち込むことができます。地下鉄は平日の朝晩の通勤時間帯、独立記念日などの祝日といった、混雑が予想される場合は乗せられません。1車両に3箇所ドアがありますが、自転車は中央以外のドアから乗せる必要があります。バスの場合は自転車ラックが外側に付いているので、そのまま自転車を乗せることができます。

metro_bus

ちなみに、DCの市内中心部は、下記の写真のようなバイクレーンがあり、観光客や通勤する人が結構走っていました。自分も自転車で市内観光しようと思っていたのですが、週末時間のある時は気温30度以上の日が多く、結局DC中心部に自転車では行かずじまいでした。

DC_bikelane
PR
category : 2014アメリカ滞在記録 comment [0]
Great Falls
Great Falls(7/6)

ポトマック川をDCから遡ってすぐのところにGreat Fallsという滝があります。ホテルから1時間もあればつきそうなので、行ってみることにしました。

予め自転車道をチェックして行ったのですが、グーグル先生の示す川沿いの自転車道を突き進むと、MTB向きのシングルトラックに突入してしまいました。ゆっくり行けば問題なさそうでしたが、時間がかかるもの嫌だったので、引き返して舗装の道路で滝を目指しました。後から調べると、これはDifficult runという川沿いのシングルトラックでした。

途中、とんでもない豪邸郡がある道路を通り、無事Great Falls National Parkに到着。公園の近くは、狭い車道で交通量も多いので舗装路伝いに自転車でいくのはお勧めできない感じでした。

帰って調べたところ、Great Falls近くは高級住宅街のようで、ヨーロッパの貴族の屋敷的な邸宅は宝くじ一回当たったくらいでは買えないお値段のようです。

公園内やその周辺にはシングルトラックが結構あるようで、MTBがあれば!と思いました。






category : 2014アメリカ滞在記録 comment [0]
独立記念日の花火
ワシントンDCの7月4日、独立記念日の花火の様子。リンカーンメモリアルからの撮影。デジカメ(X10)の動画機能で意外ときちんと撮れてびっくり。
日が暮れるのが夜の9時ごろのため、9時15分くらいから20分間程度で大量に打ち上げてあっという間に終了でした。
例年、夜でも30度近くあり暑くて花火を待つのが大変と聞いていましたが、今年は涼しくて快適な夜の花火でした。帰りの地下鉄も、2-3分おきにやってくるので意外とすぐに帰宅できました。

category : 2014アメリカ滞在記録 comment [0]
Monticello(モンティチェロ)
ワシントンから180km程にある町、シャーロッツビル近郊にあるモンティチェロに行きました。アメリカ独立宣言を書き、3代目の大統領でもあるトマス・ジェファーソンが住んでいた邸宅です。丘の上にあり、ジェファーソンが住んでいた居住区や、当時働いていた奴隷の住んでいた部屋等が見学できます。

アメリカ人なら誰しも知っていると思われるトマス・ジェファーソンですが、正直、自分はジェファーソンって誰??状態でした。しかし、あまり難しい話をしらなくても、邸宅や庭の見学は楽しめました。アメリカの邸宅の庭は普通にゴルフ場かっていう綺麗さです。

かつて邸宅の両側にはジェファーソンが植えたポプラの木が生えていましたが、倒れてしまいそうになったため、伐採したそうです(3枚目の写真の切り株)。伐採した木を、皿などに加工して土産物屋で売っていたので、お土産に買って帰りました。





category : 2014アメリカ滞在記録 comment [0]
練習
滞在先でお世話になっている方が、オールドドミニオントレイル(自転車道)を案内しながら、その方の自宅まで案内てってくれるということで、夕方オフィスを出発。

この方、バージニア州のカテゴリ別のロードチャンピオンなので、普通に40km巡航で爆走。付き位置でしたが、2週間以上まともに運動していなかったので、体がびっくり。最後にスプリント錬しようみたいなことを言われましたが、足がプルプルで辞退しました。

付いたところは郊外の邸宅。車3台分のガレージに、日本風に言えば10LDK以上というか、正確には10LLLDDK以上?に+50m四方の庭着き。まさにアメリカンドリーム。

帰りは、1人でホテルまで戻りましたが、途中で雷雨に遭遇。往復42マイルと言っていたので、
約64kmでしたが、かなり疲れました。







category : 2014アメリカ滞在記録 comment [0]
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
ツイッター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
男性
最新コメント
(09/09)
(09/09)
(05/14)
(03/21)
(03/19)
TOP